奔放だった20代のツケが来るアラサー、アラフォー世代

CRI_IMG_6009_TP_V

やはり35を過ぎたあたりからだんだんに
”これが老化か!”というような肌の違いに気づくようになりました。

それまでも目尻の小じわとかシミとかの存在は知ってはいたのですが、
そこまで気にすることはありませんでした。

ただ30代後半になるにつれて全体的に肌の感覚が今までと違うと気づいたときに、
ああついに、というような気持ちになりました。

例えばほうれい線。
これがあるのとないのとでは顔の印象が全く違います。

頬骨が以前に比べて目立つようになってきたな、と思い昔の写真と比べると昔はふっくらしていたほっぺたのあたりの肉が落ちてます。
そして、元から目が大きく二重だったのですが、まぶたが以前に比べて下がってきたように思います。
二重ではなく奥二重になってきたというか。

20代の頃は大してケアもせずにサーフィンやらアウトドアやら、
と駆けずり回っていたのですがやはり一番大切なのは基本的なお手入れですね。

昔のことは悔やんでも仕方がないので、日々頑張ってケアをしています。
とは言っても特別なことはしないのですが、化粧水、乳液、クリームをちゃんと肌に染み込ませてつける。
日に当たった日はローズヒップオイルなどを使用してケアをする、といった類のことです。

これから40代になりますます重力と戦わなくてはならないので、日々のお手入れを大切にしていきたいと思います。